FC2ブログ

11月 « 2018年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 01月

スポンサーサイト

--年 --月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目には目を!?(その2)

2018年 10月21日(日)

年が明け、日赤の眼科で、眼に関するありとあらゆる検査をしましたが、結局、視力低下の原因が特定できず・・・
しかし、主治医いわく、「視野検査の結果すこしばかり気になるところがあるので、念のために脳のMRIを撮ってくれ」とのことで、日を改めて(1週間後くらい)、日赤で診察。

すると、「脳下垂体腫瘍」との診断。

「脳下垂体腫瘍」について、くわしくは、ググって調べていただければ分かるのですが、脳下垂体の腫瘍が視神経を圧迫して視力・視野障害を起こしているということです。一番顕著な症状は両外側の視野が狭くなります。もっとも、視野障害はあまり自覚が無かったのですが。

それで、おなじ日赤病院で眼科から脳神経外科へ管轄(というのか?w)が変わり、脳外科の先生から早急な手術を勧められました。
脳腫瘍の手術というと、開頭手術とか大がかりなものを思い浮かびますが、脳下垂体腫瘍の手術の関しては開頭手術までは必要ないとのこと(大きな腫瘍では開頭手術もケースもありますが)
しかし、主治医から術式を聞きますと、上唇と歯茎の間を切開して手術用の顕微鏡を突っ込んで・・・とか、鼻の穴から手術用の内視鏡を突っ込んで・・・とか・・・簡単な手術では無いような気が・・・もちろん全身麻酔が必要です。

(つづく)
スポンサーサイト

目には目を!?

2018年 10月10日(水)

もともと私は裸眼で0.1あるかなしかのド近眼でしたが、コンタクトレンズの使用で両眼で1.0ぐらい見えていました。
ところが、去年の春先ごろからコンタクトレンズで補えないくらい視力が落ちました。
まぁ、年齢的なものだから仕方がないなと思い、そのまま放置。視力の低下に伴って、本を読む根気も落ちちゃって、それを言い訳にして大学通教入学も取り止め。

その後、なんとなく視力の低下が進んでいるのを自覚しつつ、去年の年末に運転免許証の更新が近づきました。
免許更新時の視力検査には若干の不安を抱えつつも、さほど深刻には考えていませんでした。
しかし、視力検査に不合格・・・・
眼鏡屋さんでレンズを合わせてもらっても「これ以上視力が出ない」という、なんとも不気味な返事しかもらえなく、作り直してもらったレンズで、辛うじて両眼0.7見えるか見えないか・・・
近所の眼科で診てもらっても「これ以上視力が出ない」という返事と「運転免許証の更新は難しい」という情け容赦ない言葉を聞き愕然としました。そして、同じ市内の比較的大きな病院の紹介状を書いてもらい、改めて受診することに。

運転免許証更新は、作り直したレンズでリトライして、視力検査はあてずっぽうで(笑)なんとか合格。
しかし、眼の方が気になります。。。
そして、紹介された病院の眼科でいろいろと検査をしたものの、はっきりとした原因が特定できず、結局、隣の県の日赤病院を紹介されて、検査することになりました。

(つづく)



超久々の更新(^_^;)・・・(生きていますw)

2018年 10月10日(水)

久々の更新です。
みなさん、私のことを覚えていますか?(笑)
もう、2年近くこのブログを放置していました(汗)

いや、書くネタが無かったわけでは無いのですが、このブログは「学習」日記となっていますので
その、ブログ名にふさわしいネタが無かっただけです。
ようするに、お勉強の関係は全くしていなかったのです(^_^;)

下の記事に(二年近く前ですが・・・)では、慶應か法政の願書を・・・と書いていますが、結局願書さえ出していません。

ぢゃあ、この2年近く何をやってたんだ??ということですが、仕事場の移転やら親が入退院を繰り返したやら何やらで、バタバタしていた時期があったのはたしかですが、なにか勉強をする時間が全くなかったのかといえばそうでもありません。
そうしたなかにあって、一番大きな出来事といえば、生まれて初めて手術を受けたことですかね。
といっても、今年の1月のはなしですから、もうずいぶん経っていますが・・・

病気と手術のお話は、次の記事で書きます。

謹賀新年

2017年 01月02日(月)

新年、明けましておめでとうございます。

皆様(私にとっても)、幸多き年でありますことを祈念いたします。

さてさて、去年は近年にないほど悪い年でしたので、ナントか今年は挽回したいところ!

しかしながら、ずっと懸案になっている膝の具合ですが、うーん、、あんまり良くはならないです(^_^;)
まぁ、各スキー場の積雪情報を見てみると、散々だった昨シーズンよりもさらに悲惨な状況のようで、果たして今シーズン、スキーに行けるかどうか疑わしく思っています(^_^;)

あと、私生活の方で何か新しいことを始めなければいけないなぁ・・・と何となく考えています。
やっぱり、やるとしたら大学通信教育ですかね。

ということで、慶應と法政の願書を入手しようと考えています~

よみがえれ!僕の膝!!

2016年 12月11日(日)

もう12月ですね。

さてさて、ずっと調子の悪い膝の具合ですが、先週月曜に診察をしてもらい血液検査までしたのですが、原因が特定できず・・・
結局、湿布と痛み止めを処方されただけです。

ネットで色々調べるとMRIでも異常がない場合あと原因は筋肉とか腱が固まっているくらいしか無いそうなのですが、そもそもネットの情報は玉石混在で、ある情報では「Aが正しくBが誤り」と書いているかと思うと別の情報では「Bが正しくAが誤り」となっていたり、なにが正しいのか分からなくなってくるのですよね。
したがって、自分で調べた我流の情報ではなく、実際に診察した医者が頼りなのですが、診てもらったどの医者も、人間的にヘンなひとばかりなのです(泣)今度診てもらった医者は、自分のことを「大先生」と呼んだり・・・(@_@)

ところで、各地のスキー場のHPではそろそろ積雪の情報が載るようになってきています。
ウィンタースポーツが好きな人にとって、もしかしたらこの時期が一番楽しい季節なのかもしれません。

私の場合、
毎年、今頃の時期になると、
板をそろそろチューニングに出そうかな~?とか
それとも今年は板を買い換えようかな~?とか
ウェアやグローブも買い換えようかな~?とか
スキー仲間と集まって、今シーズンの初滑りはどこにする?とか計画を立てたり
年末年始は連泊で白馬や志賀高原とか妙高とかどこにしようか?とか
スタッドレスタイヤに履き替えたりとか
スキースノボ道具を車に乗せるルーフキャリィやルーフボックスを用意したり、とか・・・

しかしながら、ずっと膝の調子が思わしくなく、永年たのしんだウィンタースポーツはもうできないのかなと考えたりしました・・・
「もう、ゲレンデには立てないのかな・・・」と落ち込んだりしました。

ですが・・・
ここ数日ほど、膝の調子がましになった気がするんです(嬉)
調子が思わしくないときは、小走りさえおぼつかなかったのですが、今日ためしに、近所のため池の土手(地面が土)で50mほどの軽めのダッシュを数本するとなかなかイケる!\(^o^)/

このままっ!蘇ってくれ!僕の膝!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。