FC2ブログ

10月 « 2018年11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 12月

スポンサーサイト

--年 --月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よみがえれ!僕の膝!!

2016年 12月11日(日)

もう12月ですね。

さてさて、ずっと調子の悪い膝の具合ですが、先週月曜に診察をしてもらい血液検査までしたのですが、原因が特定できず・・・
結局、湿布と痛み止めを処方されただけです。

ネットで色々調べるとMRIでも異常がない場合あと原因は筋肉とか腱が固まっているくらいしか無いそうなのですが、そもそもネットの情報は玉石混在で、ある情報では「Aが正しくBが誤り」と書いているかと思うと別の情報では「Bが正しくAが誤り」となっていたり、なにが正しいのか分からなくなってくるのですよね。
したがって、自分で調べた我流の情報ではなく、実際に診察した医者が頼りなのですが、診てもらったどの医者も、人間的にヘンなひとばかりなのです(泣)今度診てもらった医者は、自分のことを「大先生」と呼んだり・・・(@_@)

ところで、各地のスキー場のHPではそろそろ積雪の情報が載るようになってきています。
ウィンタースポーツが好きな人にとって、もしかしたらこの時期が一番楽しい季節なのかもしれません。

私の場合、
毎年、今頃の時期になると、
板をそろそろチューニングに出そうかな~?とか
それとも今年は板を買い換えようかな~?とか
ウェアやグローブも買い換えようかな~?とか
スキー仲間と集まって、今シーズンの初滑りはどこにする?とか計画を立てたり
年末年始は連泊で白馬や志賀高原とか妙高とかどこにしようか?とか
スタッドレスタイヤに履き替えたりとか
スキースノボ道具を車に乗せるルーフキャリィやルーフボックスを用意したり、とか・・・

しかしながら、ずっと膝の調子が思わしくなく、永年たのしんだウィンタースポーツはもうできないのかなと考えたりしました・・・
「もう、ゲレンデには立てないのかな・・・」と落ち込んだりしました。

ですが・・・
ここ数日ほど、膝の調子がましになった気がするんです(嬉)
調子が思わしくないときは、小走りさえおぼつかなかったのですが、今日ためしに、近所のため池の土手(地面が土)で50mほどの軽めのダッシュを数本するとなかなかイケる!\(^o^)/

このままっ!蘇ってくれ!僕の膝!!
スポンサーサイト

春の訪れ

2012年 03月25日(日)

今シーズン最後のスキーを楽しみに、『おんたけ2240』へ行ってきました。

このスキー場は、標高約2000メーターのところにリフトが掛かっていてしかも内陸に位置し、乾いた雪が降りますので、本州のスキー場の中でも、雪質の良さは屈指だと思います。
ただ、さすがに3月も下旬にさしかかる時期ですので、あまり雪質には期待していなかったのですが、イイ意味での期待はずれと言いますか、スキー場駐車場で車の外気温計が-5℃を指していましたし、スキー場トップでは多分-10℃を優に下回っていたと思います。
何よりも、舞散るような軽い雪が沢山降り続き、この時期とは思えないほどのゲレンデコンディションで大満足♪
てか、超寒かったですが・・・

ちなみにこのスキー場へは、わたしの家から往復大体800キロくらいですかね。

毎シーズン3月下旬に春スキーに行き、暖かくなった気候と緩くなった雪を実感すると、春の訪れを感じそのシーズンを締めくくるのですが、今日は何やら真冬に逆戻りした感じでした。
スキー道具を片付けるのは、もう少し先にしようかなww

おんたけ3月25日

ただ、残念なことがひとつ。
このスキー場は、ゴンドラリフトで大きな標高差を繰り返して滑れることが大きな魅力の1つでしたが、そのゴンドラが今シーズンのみ休止しているのです。
このようなレジャー産業は、景気の影響をモロに受けますので、それを目の当たりにしてしまうと、少しばかり気が滅入りましたが、来シーズンより他の企業に営業譲渡され、ゴンドラリフトも再開することが決定しているようですので、ほっとした気分で、今シーズン最後のスキーを締めくくることができました。

奥神鍋&万場スキー場

2012年 03月11日(日)

さてさて、先々週に引続き今日も、「奥神鍋スキー場」&「万場スキー場」に行ってきました。
近いですし、滑り応えのあるゲレンデですし、なにより空いているので、すっかりここが気に入りました。

今年は雪が多くて、3月とは思えないほど雪がたくさんありました。
ですが、ここ最近の春めいた気候のおかげで、雪はザクザクでした。

朝一から10時過ぎにかけては、ピーカンの晴れで正に春スキーらしい趣でしたが、昼前からは予報どおり大雪となりました。ゲレンデに見る見るうちに深雪が積もりましたが、湿った重い雪でしたから、かなり滑りにくかったですね。

したがって、午後2時ごろにはスキー場を後にしました。

さて、スキーは今年はあと一回くらい行けたらいいとこですかね。

しかし、もう言っている間に春が来ますね~

神鍋高原

2012年 02月26日(日)

※スキーに興味の無い方は、スルーして下さい。

日帰りですが、スキーを楽しんできました♪

今日行ってきたのは神鍋高原の中の「奥神鍋スキー場」「万場スキー場」です。

神鍋高原は、京阪神から車で約2時間前後の場所に位置して、しかも積雪が少ない近畿のスキー場の中にあって積雪量や雪質はまずますですので、ハチ高原と並び、関西スキーヤーのメッカとなっています。

もっとも、私自身は神鍋は今日が初めてでした。
なぜなら、神鍋は京阪神からアクセスが容易なので、十数年ほど前まではハチ高原と並び超激混みスキー場というイメージが強くて、それが嫌なので、いつも北陸や信越のスキー場まで足を伸ばしていたからです。
ところが、ここ5年ばかり不景気の影響か、どこのスキー場も休日にもかかわらず、かつてのような賑わいが無くなっています。そして経営悪化によるスキー場の閉鎖が相次いでいるようです。
今日行った神鍋高原も例外ではなく、ピーク時には神鍋高原全体では大小10近くのスキー場があったようですが、現在はたったの3つのスキー場が営業しているのみという有り様となっています。

今日行った奥神鍋と万場スキー場は、共通リフト券が使えスキー場トップで行き来できます。そして、老舗のスキー場らしくコース幅は広く、信越のスキー場に負けない規模と滑り応えでしたので、十分満足できました。
そして、やはり思っていた通り空いていて、リフト待ちもまったく有りませんでした。
しかしながら、空いているのは嬉しいのですが、閉鎖したペンションや旅館をリフトの上から眺めると、なにやら寂しい気分になります。

今日私が見た光景は、きっと全国津々浦々のスキー場も恐らく同様で、それは不景気や少子化といった世相が、色濃く反映されているのだろうと思うと、少し暗澹たる心境になりました。

全国のスキー場が、若者や家族連れで賑わうかつてのような光景を取戻せる世の中が、訪れることを切に願うばかりです。

スカイバレイ

2012年 02月11日(土)

(車中泊したため)昨晩から、スキーに行ってきました。
毎シーズン、12月中ごろから初すべりだったのですが、科目試験あるいは資格試験の準備に時間を取られましたので、今年は2月に入ってから、ようやく初すべりでした。
あ?通教科目試験で「大すべり」しましたので「初すべり」ではありませんな(笑)

近畿のスキー場でも、まさに「めぐみの雪」といいますか、どこのスキー場でも、2メートル前後の積雪に恵まれています。(もっとも、雪国にお住まいの方にとってはこれが「雪害」となっていて、大変お気の毒なのですが・・・)

近場の近畿圏のスキー場へいく場合は、いままでほとんどが『ハチ北スキー場」だったのですが、今回はそのハチ北のお隣の「スカイバレイスキー場」へはじめて行ってきました。
このスキー場は、「ハイパーボウル東鉢」とリフト券が共通になっていて、両方のスキー場の行き来は、無理なく、と言うか、同じスキー場と言ってもいいでしょうね。
したがって、滑りごたえ十分、けっこう楽しめます♪
また機会があれば、今年もゼヒ行きたいですね!

予報では極悪だったはずですが、下の画像の通り天気は良かったですね♪
スカイバレイ

ただし、昼前くらいから天気が悪くなり始め、しまいには風も出てきましたがね。

さて、肝心のわたしの滑りですが、運動不足とタバコの吸いすぎにより、脚力&持久力ナッシング
天気も悪くなって来ましたので、14時ごろにスキー場をあとにしました~

後に来る筋肉痛が怖い~~(>_<)

とりあえず、いまから経済法第2課題清書の続きをやります。

以上です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。