06月 « 2018年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7月科目試験受験予定

2012年 06月15日(金)

7月の科目試験ですが、労働法1、労働法2、海商法、以上の3科目受験を予定しています。ただ、レポ状況がかなり微妙です!

受験時限:受験科目;レポ状況
2時限:労働法1;△済済済
3時限:労働法2;△△未未
4時限:海商法;済済

※レポ状況(6/15現在):済=合格済、△=提出済未採点、未=未提出

以上から現実は、労働法1、海商法の2科目受験になりそうですが、やれるだけのことはやります!

ナンとか、週明けには労働法2第3、4課題を提出したいと思います。
ナゼこれほどしゃかりきになっているかというと、「フル単位取得」もさることながら、労働法2は追加履修のため大金1万円也をはたいたにもかかわらず単位が獲れなかったらもったいないからです!!(・・・オイ、、てかセコっ!?w)
スポンサーサイト

7月科目試験に向けて

2012年 06月08日(金)

シトシトと雨が降り続きますが、いよいよ梅雨入りなんですかね

よく考えたら、7月科目試験まであと1ヶ月です。
目標はあくまで今年9月までに「フル単位取得」ですので、それへ向けて戦略を練らなければなりませんね。
経済法と行政法1の5月科目試験の結果で異なってきます。いずれにせよ知財を獲れたのがデカイですね。

パターン①:経済法、行政法1の両方合格していた場合
2時限;労働法1
3時限;労働法2
4時限;海商法

夏期スク;外国法研究

パターン②:経済法のみ合格していた場合。この場合は行政法科目試験は採点者と相性が悪いということでw行政法は夏期スクにまわります。
2時限;労働法1
3時限;労働法2
4時限;海商法
5時限;外国法研究

夏期スク;行政法1

パターン③:行政法1のみ合格していた場合。この場合は、科目試験が2日にまたがっちゃいますね。
(1日目)
2時限;労働法1
3時限;労働法2
4時限;海商法
(2日目)
4時限;経済法

夏期スク;外国法研究

パターン④:経済法&行政法1、両コケの場合
(1日目)
2時限;労働法1
3時限;労働法2
4時限;海商法
5時限;外国法研究
(2日目)
4時限;経済法

夏期スク;行政法1

もっとも、パターン③④の場合、試験が2日間にまたがり仕事を休まなければなりませんが、あまり仕事を休みたくありませんので、受験は1日のみになりそうです。また、パターン②④の場合は、レポートを外国法研究の2本と労働法2の4本、合計6本を科目試験までに通さなければなりません。
したがって、「フル単位取得」は実際のところ実現はかなり厳しいかと思われます。
ですが、やれるだけのことはヤルつもりです。

しかし、7月の科目試験って他の試験期と比べて受験日が少ないですが、なんとか受験日を増やして欲しいですね。ま、実現は不可能なのでしょうが。。

残りのレポ出し

2012年 05月20日(日)

いったいあと何本レポを出さなけりゃならないのかを考えていました。

そうすると
刑法2:1本(スクのレポ免がありますが、出来ればあと3本出したい)
労働法1:1本(不合格再提出レポ)
労働法2:4本
外国法研究:2本(夏期スク参加ならば0本ですが任意でだします)

ということで、提出必須レポは刑法2の1本+労働法1の1本+労働法2の4本=6本
ただ、労働法2レポに関しては7月科目試験に間に合うかどうかが極めて微妙なので、もう出さないかも知れません。

そうすると・・・提出必須レポは、たったの2本ということになります。

追加履修の枠も使いきってしまいましたし、レポ出しはいよいもって「打ち止め」の感があります。

そう考えれば、寂しい感もあります。

5月科目試験までのスケジュール

2012年 04月11日(水)

毎日、経済法(独禁法)の文献ばっかを読んでいたら、単調で飽きてきますね。

労働法2か刑法2のレポでも作ろうかと思いますが、ナンだかスケジュール的に中途半端なんですよね。

とりあえず、科目試験までのミクロな計画をたててみます。

~14日:経済法テキスト読み込み。
15日~21日:経済法過去問分析、うーん答案構成(模擬答案)はどうしよう?過去問出題率がひくいですしね。
22日~26日:知財スクに備え予習。具体的には、伊藤真『知的財産法』の読み込み。
27日:岡山移動。
28日~30日:知財@岡山。
1日~5日:経済法。百選の中でキーになる判例審決を熟読。
6日~12日:行政法1、模擬答案(1月科目試験前に作成済み)の読み込み。
13日:科目試験。

5月科目試験には、卒業までの4単位をナンとしてもゲットしたいところですが、そういう意味では、知財、経済法、行政法1をチョイスしたのは、失敗だったかもですな。とはいえ今さら言っても仕方がないので、とにかく、やれるだけのことはやります!

5、7月科目試験

2012年 03月29日(木)

5月の科目試験ですが、前の日記にも書いた通り、日程がわたし的には「大ハズレ」なんです。

当初は

5月科目試験
1日目
 2時限:知的財産法(GW短スクも受けますが科目試験も受けておきます)
 3時限:行政法1
 4時限:経済法
2日目
 4時限:海商法

と思っていましたが、海商法1科目受験のみで広島か金沢まで遠征しなくてはなりませんので、海商法は7月科目試験に回します。
ただ、最難関科目の知財、知財続く難関科目と思われる経済法、採点結果が予測不能な行政法1という風に、下手すれば全滅ということにもなりかねません

なるべく早いうちに卒業までの残4単位を獲らなくてはなりませんので、そうするとやっぱ6月の刑法2@名古屋、労働法1@多摩の短スクは受けておいた方がイイですな。

とすると、7月科目試験は・・・てか9月卒を目指す学生にとってはラストチャンスの試験なのに、どうして土日の2日間しか試験日が無いのでしょうね(怒)

7月科目試験は
 3時限:労働法2
 4時限:海商法

ただ、5月の科目試験で行政法1と経済法を落したら、試験時限が被るので最悪ですな。

ということで、「残り4単位なので楽勝ぢゃん♪」と舐めてかかったらイタイ目に遭いそうです(核爆)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。