FC2ブログ

03月 « 2012年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

スポンサーサイト

--年 --月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知的財産法@岡山短スク終了

2012年 04月30日(月)

新年度の初スクですが、無事に終了しました。
私の家から岡山へは電車で約2時間半ほどで比較的近いのですが、久々に電車に乗ったせいか往きも帰りも、妙に疲れましたね。

笑い話のようですが、実を言うと今年の1月の科目試験を受けた後に「この先の人生で中大通教の講義を受ける機会はもう二度と無いのだろうな・・・」とシミジミ思ったのですが、こうして新年度も中大通教の講義を受けることが出来て(?)います(笑)
しかも、新年度イッパツ目の講義が、わたしの3月卒に「待った」を掛けた知財のS藤先生(もう一人いらっしゃいます。てかその方が「主犯」なのでしょうがw)とは、不思議な巡り合わせです。

講義の方は、知財の全領域を3日間で無理に押し込めるのではなく、シラバスの通り著作権に力点を置かれた内容でした。スライドを使って生徒の興味を逸らさないよう配慮されており、また、授業中の生徒の質問にも丁寧にお答えになったりして、一方的な講義では全く無く、とても興味深く、3日間があっという間に終わりました。
個人的な印象ですが、いままで受けた色んな先生の中では、一番わかりやすくて面白い講義だったと思いますので、知的財産法に興味がある方にとっては、おすすめの先生だと思いました。
ただ、気になるのは、(スクで落されたことの悪感情を差し引いたとしても)去年の駿河台で受けた時の印象は、今回とは全く逆だったのですよね・・・
なので、今年から意図的に授業のスタイルを変えたのか、はたまた今回だけご機嫌が良かったのかは私にはわかりません。

以上は「講義に関して」ですので、試験に関しては今までどおり厳しいかも知れません。ただしその点は、どこが出るかまではさすがにおっしゃりませんが、講義を聴いていればどの辺りが出るかはおおよそ見当がつきます。

さて、試験ですが、あいかわらず六法含む参照物持込一切不可です。
小問3問出題全問必答、配点は4:4:2(事前に告知)。
問1で簡単な事例を出題し、
問2は「問1で、・・・・・・の場合はどうか?」
問3は「問2で、さらに・・・・・・の場合はどうか?」
という感じでした。
ただし、問3にかんして先生の事前告知では、難しい論点なので生徒全体の出来が悪ければ配点を変更する(4.5:4.5:1など)、とのことでした。

さらに、試験終了後に今回の試験における解答の解説まで配布していただけるという、他の先生には無いような配慮もしていただけました。これにはびっくりです。ぜひ他の先生にもやっていただきたいものです。

で、わたし自身の試験の出来ですが、問1と問2は纏め方が雑になりましたが間違ったことは書いていません。ただし、問3にかんしては大チョンボをやらかしてしまいましたので、おそらく「0点」でしょう(泣)
なので、単位を頂けたとしても『D』かせいぜい『C』止まりでしょう。

ということで、単位を獲れるか否かは微妙ですので、知財は5月科目試験でも受けることにします。
てか、卒業まで知財の単位は獲れない可能性が大ですが、たとえ今回の試験&5月科目試験に落ちても、シツこく7月科目試験も受けます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。