FC2ブログ

03月 « 2012年04月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  » 05月

またまた経済法

2012年 04月20日(金)

科目試験に向けて、経済法科目試験の過去問を解いていますが、意外とムズいですな
なにせ、公取委のガイドラインもある程度は知っていなくては解けないですからね。

ところで、国内ベアリング製造大手に対して、独禁法3条後段(不当な取引制限=カルテル)違反の疑いで、東京地検による捜索が行われています。

(以下記事からの引用)
自動車などに使用されるベアリングの販売価格を巡るカルテル事件で、東京地検特捜部と公正取引委員会は20日午前、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで大手メーカーの日本精工(東京)、NTN(大阪)、不二越(富山)、ジェイテクト(愛知)の4社の捜索に着手した。

 公取委の告発前に特捜部が強制捜査に入るのは異例。4社には価格値上げのカルテルの疑いがあるが、NTNの担当者が「値上げの合意に参加していない」と容疑を否認していることなどから、早期に関係資料を押収して分析する必要があると判断した。

 捜索の対象となっているのは、日本精工の本社、NTNの東京事業所、不二越の東京本社、ジェイテクトの東京支社。

 調べによると、4社の担当者は、大口需要家の産業用機械メーカーなどに出荷するベアリングの価格を一律数%引き上げることを決めていた疑い。カルテルは、原材料の高騰を理由に遅くとも2004年頃から始まり、08年のリーマンショックで高騰がストップした後も続けられていたという。価格調整の場として、業界団体の会議の合間などが利用されていたとみられる。
(引用終わり)

うーん、普通は公取委の告発がない限り、検察は起訴することができないのですが、よほど悪質だと判断されたのでしょうね。
課徴金は、いったいいくらになるのでしょうか・・・汗
製造業の場合3年間の売上高に対する10%が課徴金として徴収されますが、ちなみに日本精工の2011年度におけるベアリングの売上高は約4200億円!・・・・・・だそうです。。。
スポンサーサイト