FC2ブログ

09月 « 2019年10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 11月

卒論資料を読む

2011年 12月09日(金)

 さて、こうして資料が集まったら、すべて目を通さなければなりません。
 しかしながら、紀要(大学・研究所などの定期刊行物)に載っているような論文は、そのスジの方(研究者や法曹実務者)向けですので、学生に向けて理解を促すために書かれたような「教科書」みたいなものではなくて、難解なものばかりです。それらを読むのは苦痛ですし、自分自身の知識のなさや不勉強さを痛感することもあるでしょう。 したがって、それらの資料の中で分からない箇所が出てきたら、その度に手許にある教科書や基本書、あるいは予備校本でもいいですから、それらを読んで再度勉強し直すしかありません。単位取得済みの教科であっても、再度その教科の基本書をイチから熟読し直さなければならないこともあるでしょう。しかし、基本的な知識が無ければ、添削指導の第2回提出、第3回提出、さらに本番提出と進んでいくうちに、どこかで行き詰ります。また、たとえ卒論面接にたどり着いたとしても、あたった面接官によっては、基本的な知識を根掘り葉掘り問うてくる場合があるようです。
 私の個人的な感想として、遅くとも卒論の本番を作成する頃には、自分が選んだテーマについて「素人が相手でも分かりやすく、かつ熱く語れる」くらいの知識が必要です。その知識が身につくことができる時期は、早ければ早いに越したことはありません。
 
 なので、集めた資料を読みながら、「勉強」をしましょう。

・・・しかし、こうして書いていると、自分の出した卒論が益々自信が無くなって来ます(ヒィッ!!
てか、こんなエラそうなことを書いて、落ちたらどうしよう(゚O゚)\(--; ォィォィ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

大変そう、、、

2011年12月12日 00:52

あっぷさん、こんばんは。
おじゃまします。

やっぱり卒論の資料収集と資料の読み込みが大変そうですね。
それでも頑張ってやってみます。
ありがとうございました。

インコ

Re: 大変そう、、、

2011年12月12日 01:25

インコさんこんばんわ、
コメントありがとうございます♪

記事では、なんだか大げさに書いてしまいましたが(汗)
三回の卒論添削指導を受けるのなら、親切なインストさんに当たった場合は、懇切丁寧に指導してくれるみたいですから、1回目の卒論レポートは、「科目レポートの大きいの」みたいなのでも大丈夫だと思います。