FC2ブログ

06月 « 2019年07月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 08月

スポンサーサイト

--年 --月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卒論面接パート3(面接本番)

2012年 09月14日(金)

さて、遠藤教授ご執筆の教科書と六法、卒論の写し、そして気休めのための資料を少々小脇に抱えて、おもむろに遠藤教授がお待ちの教室へと向かいます。

そして指定された教室の入り口をノックし自分の名を名乗り挨拶。
相変わらず遠藤教授は慇懃で腰の低くて大学教授というより営業マンといった雰囲気を醸し出しています。
教授に促されて着席。

この時点でわたしはまだ余裕しゃくしゃくでした・・・

さてさて面接ですが、まず論文の概要と何故このテーマを選んだかを伝えます。
淡々と答えようとしましたが、やはり緊張してしまったのか、言葉が思うように出てきませんでした。
その後、講評に書かれていたことへの質問に移った時点で、なんとか気持ちを落ち着かせることができましたが、やはり夢中でしゃべってしまっているせいか、時間がどんどん経っていきます。

その後実務的なお話に移った感がありますが、突然教授が「例えば・・・~他人に財産権を移転して・・・(中略)・・・と言った場合は、他にどう言ったケースが想定されますか?」と質問されました。



?!!

答えを考えて用意していなかった質問だったのと「何かもっと深い意味の質問なのでは・・・?」とか「この質問が今回の面接で聞きたいことの核心の部分か・・・??」と言う風に下衆な勘繰りが頭に思い浮かび、警戒感MAXになり、しばらく答えに詰まってしまいました。
その後教授が「例えば・・・とか・・・?」という風に助け船(?)みたいなのを出してくれましたので、はっとした感じで「・・・~ケースが考えられます」と答えました。
その後で、「何か質問がありますか?」とおっしゃったので、私は「え?もう終わり??」とやや驚き時計を見ると確かに30分が経過しています。

ふと遠藤教授を見ると、気のせいか当初と比べて表情が曇っているような・・・汗(←本当にわたしの気のせいなのでしょうが・・・)。

てか、面接中は、やっぱりバリバリの大阪弁(の中でも言葉遣いが悪い◎◎弁)で話しちゃってました・・・冷汗

教授から質問を促された時に「卒業は大丈夫ですか・・・?」と思わず聞きそうになりましたが、もちろんそんなことを聞けるはずもありません
そういえば、他の卒業生の方ブログでは、面接の最後に、今後の進路や、やりたいこと等の質問をされたりして、卒業が決定したことをほのめかされたりされるようですが、わたしの場合はそう言ったお言葉もなく、あっさり面接が終了しちゃいました。

うーん、、やはり「うなぎパイ」は必要だったか・・・orz・・・\(--; ォィォィ

後で思い返したら、KYなピント外れの受け答えをしてしまった部分もあったような気がして反省しきりの、何やら不完全燃焼の感がある面接で、絶対に合格できるかどうかのてごたえまでは感じませんでした。


・・・ということで、卒論面接の持ち時間30分というのは意外と短くて、質問に対して詰まったりKYな回答をした場合、面接中での挽回が難しいので気を付けましょう

(つづく)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

おつかれっした

2012年09月14日 23:07

大丈夫ですよ。

ま、確かにうなぎパイ忘れたのは痛かったかもしれませんが(笑)

でも、ちょっと教授冷たいですね(汗

おっと、(つづく)だった。

とりあえず

2012年09月14日 23:39

お疲れ様でした。

卒論を書きあげることもスゴイですが、
私は現役は専門学校生ですので、2年間の公的資格が
基準になって卒業資格
前の通教は、単位が取れていれば卒業だったので、
卒論は無かったしなぁ…

面接って・・・やっぱりスゴイですね…

お~怖っ・・・

次は、どこを目指されるのでしょうか。

Re: おつかれっした

2012年09月14日 23:42

デイリーさんこんばんは
コメントありがとうございます♪


> でも、ちょっと教授冷たいですね(汗

すいません、なんだかこの記事だけでしたら、遠藤教授は冷たい方に写っちゃいますね(汗
次の記事でフォローしておきます(冷汗

てか実際は威圧的ではなくて、穏やかな終始表情をされていました。

Re: とりあえず

2012年09月15日 00:30

くぅさんこんばんは、コメントありがとうございます♪

> 次は、どこを目指されるのでしょうか。

「次」ですか・・・?

今のところ暫く考えられないですね。
てか、とりあえず11月の行書の試験を頑張りますよ~

No title

2012年09月16日 20:50

面接諮問、お疲れさまでした!お~、遠藤先生だったんですね。
記事から緊張感が伝わってきて、自分のときのことを思い出しました。
あのどきどきと、終わったあとの名残惜しさとぐったり感・・忘れられません。
これであとは、卒業決定の通知を待つのみですね!

Re: No title

2012年09月16日 22:11

こうさんこんばんは
コメントありがとうございます♪

「自分が書いた論文だから何を聞かれてもへっちゃらだろ?w」なんてタカをくくっていましたら、意外と緊張うしちゃって、どちらかといえば不首尾におわっちゃった面接だったです^^;
遠藤先生は短スクでもそうでしたが、時間に几帳面なかたなのでしょう、あまり雑談もなく30分きっかりで面接終了でしたが、それがかえって不気味だったような・・・冷汗

たぶん、落ちることは無いと思いたいますので(てか思いたい)、気楽に結果通知を待ちたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。